オフィス

業務用の3dプリンターが一台あれば仕事が捗る

  1. ホーム
  2. 苦手とする印刷造形

苦手とする印刷造形

3Dプリンター

欠点を補うデザイン

3dプリンターはだいたいどんなデザインでも印刷できますが、積層して印刷している性質上、どうしてものりしろ部分やむらが出てしまうことがあります。デザインによっては積層が失敗して想像していたものとは異なる物ができてしまうこともあるため、購入前の積層能力を比較する時にどんな造形が印刷できるか確かめましょう。この3dプリンター本体に必ず生じてしまう欠点は3Dモデルの造形の仕方でカバーできます。使用するソフトの比較や同じ構造の異なる角度のモデルデータを比較するなどして効率的に印刷できるようにしましょう。ねじりが生じるネジのような形を印刷する時には積層スピードを落としてもピッチを小さくして高い精度で印刷する必要があります。3dプリンターでは印刷速度が遅くなりますが、さらにスピードを落とせば細かな造形の印刷も可能です。ネジの途中に穴を開けるようなデザインでも印刷できるので内部を空洞にしたい場合は3dプリンター本体の積層ピッチの最小値を比較して、内部の樹脂の効果時間も考えながらプリントしましょう。3dプリンターでは、樹脂を積層するという性質上、樹脂が硬化しきっていない段階で次の積層に移ると小さな丸い空洞などは樹脂の再溶解が起きて形が崩れることがあります。内部に空洞を作るような場合は積層スピードをかなり遅くして樹脂が冷え固まる時間も確保しながら印刷しましょう。一番良いのは3dプリンターが苦手とするデザインは印刷せず、他の方法での造形を模索することです。