オフィス

業務用の3dプリンターが一台あれば仕事が捗る

  1. ホーム
  2. 効率的な仕事をするために

効率的な仕事をするために

3次元プロッタ

デザインのスピード化

3Dプリンターは企業間取引で大きな期待が寄せられています。例えば、立体のデザインを委託されたとします。まずはイラストでデザインされますが、平面上であるためクライアントに伝わりにくい、または間違った印象を与えることがあります。そのため、3Dの模型を作るのですが、クライアントによってはあらゆる要求を出してくるため、何度も作り直す必要があるのです。この模型作りが、コストや時間を使ってしまうのです。そこで活躍するのが3Dプリンターです。イメージしたデザインをデータ化し、3Dプリンターに入力するだけで、簡単に模型を作ることが可能となり、時間もコストも最小限に済ますことができます。さらに、クライアントはいつも近くにいるとは限りません。遠くにいる場合、完成した模型を逐次クライアントに見せに行っては、膨大な交通費・交通時間を費やしてしまいかねません。そこで3Dプリンターをクライアントに設置する、あるいは貸し出すわけです。データ化されたデザインをネットを介してクライアントの3Dプリンターに送信して、そこで模型が作成します。クライアントはその模型を手にしてチェックしてもらい、修正の有無を確認できるわけです。移動する手間も省けるため、デザイン制作をスムーズに進めることができます。スムーズに仕事を進めることができれば、クライアントへの好感を得られますし、一つでも多くの仕事を得られることにもなるため、非常に利便性が高いと言えます。