男性

業務用の3dプリンターが一台あれば仕事が捗る

3Dプリンター

選定の流れ

会社で3dプリンターをどのように使うのか、どういった物をプリントするのかということを考えることが、選び方のポイントです。さらに3dプリンターにあってほしい機能が付いているかをチェックして選びましょう。

複雑な曲面も再現できる

3Dプロッタ

曲線や反復面も印刷できる

業務用3dプリンターの大きなメリットとして小さなパーツから大きなパーツまで、曲面、反復パーツをきれいに印刷できるという点があります。規則性のある曲面であれば家庭向けの3dプリンターでも印刷はある程度できますが、不規則で尖った頂点が点在するような面を印刷する場合には業務用3dプリンターが一番効果的です。不規則な曲面を再現するには慎重な操作が必要で、印刷時間をたっぷりと掛けて印刷しないときれいな面が出来上がりません。家庭用の3dプリンターでは、長時間の稼働で発生する排熱などの問題で、実現が難しいため複雑な造形の印刷物は業務用のプリンターを使ったほうが仕上がりも印刷速度も改善されます。フィギュアやネジのようなパーツ、特殊な形状をしたパーツを印刷する場合には、家庭にあるパソコンではモデリングできない場合もあります。3Dモデリングできたとしてもそれだけの情報を業務用3dプリンター以外の端末に読み込ませるにはタスクが増えすぎてしまうため、余計な負荷がかかってしまいます。送受信するデータが多くなればそれだけ発熱も増えて劣化しやすくなるので、業務用の端末で効率的に印刷する必要があります。多少の曲面、反復面はそこまで制度を求めなくても良いですが、人間のモデルやネジ類の特殊な形状を反復して印刷する場合には樹脂の冷却時間も考慮して印刷しないといけないため業務用3dプリンターでないと思い通りの制作ができないので注意しましょう。

3Dプリンター

苦手とする印刷造形

3dプリンターは積層品質を比較して選ぶのが一般的ですが、どんなに品質が良くても内部に空洞を作るような樹脂の溶解による造形崩れが起きやすいデザインは苦手です。うまく印刷できないデザインは避けて、3dプリンターの能力を理解した3Dデザインで欠点を補いましょう。

3次元プロッタ

効率的な仕事をするために

クライアントから立体デザインの依頼があったとき、3Dプリンターを活用することによって模型作成や移動などの負担を減らすことができます。仕事のスピード化を図ることができ、利便性を高めていくことができます。